メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

鳥取

県のイメージ 「鳥取砂丘」7年連続1位

鳥取砂丘=2018年3月、園部仁史撮影

 鳥取県は、県外在住者が鳥取に抱くイメージについて尋ねた調査の結果を公表した。鳥取から連想するものとして、鳥取砂丘を選んだ人が約8割と、7年連続1位。「特にない」「わからない」と答える割合は年々減少しているものの、砂丘以外で連想するものが無いとした人が24.9%おり、県は認知度の高いそのほかの観光地や特産品などをPRしていく方針だ。【小野まなみ】

 調査は2011年から実施。今回は、都市圏など全国14都府県の男女5400人を対象にした。

この記事は有料記事です。

残り433文字(全文652文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大リーグ 大谷、2失点で4勝目
  2. 損賠訴訟 男児頭部にレジ袋 葬儀会社相手取り遺族が提訴
  3. 登山家 栗城史多さんエベレスト下山中に遭難 遺体で発見
  4. アメフット 関学大選手側が被害届 悪質タックルで負傷
  5. ORICON NEWS 登山家・栗城史多さん死去 エベレスト下山途中、遺体で発見

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]