メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

鳥取

県のイメージ 「鳥取砂丘」7年連続1位

鳥取砂丘=2018年3月、園部仁史撮影

 鳥取県は、県外在住者が鳥取に抱くイメージについて尋ねた調査の結果を公表した。鳥取から連想するものとして、鳥取砂丘を選んだ人が約8割と、7年連続1位。「特にない」「わからない」と答える割合は年々減少しているものの、砂丘以外で連想するものが無いとした人が24.9%おり、県は認知度の高いそのほかの観光地や特産品などをPRしていく方針だ。【小野まなみ】

 調査は2011年から実施。今回は、都市圏など全国14都府県の男女5400人を対象にした。

この記事は有料記事です。

残り433文字(全文652文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ファンド 本田圭佑選手、米俳優ウィル・スミス氏と設立へ
  2. セブン-イレブン 100円ビール発売中止
  3. 夏の高校野球 1人だけの部員 1回戦敗退も「悔いなし」
  4. 宮内庁 小室圭さんについて「婚約状態ではない」
  5. 西日本豪雨 元消防士の教授「外に出るな」 学生けがなし

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]