メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

韓国

朴前大統領に懲役24年の実刑判決

 【ソウル渋江千春】財閥グループからの収賄罪などに問われた韓国の朴槿恵(パク・クネ)前大統領(66)に対する判決公判が6日開かれ、ソウル中央地裁は「国民から委ねられた大統領の地位や権限を乱用し、企業の財産権や経営の自由を深く侵害した」などとして懲役24年、罰金180億ウォン(約18億円)=求刑・懲役30年、罰金1185億ウォン(約118億円)=を言い渡した。大統領経験者で有罪判決を受けたのは、全斗煥(チョン・ドゥファン)、盧泰愚(ノ・テウ)両氏に続き3人目。

 国民的な関心を集めた判決の模様はテレビ中継されたが、全面無罪を主張していた朴被告は勾留期間延長に「政治報復だ」などとして抗議した昨年10月16日を最後に出廷を拒否しており、この日も欠席した。

この記事は有料記事です。

残り470文字(全文797文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ファーウェイ大型施設で大規模火災 中国・広東省 スマホ事業への影響懸念

  2. 自民・杉田議員「女性はいくらでもうそ」 性犯罪に関し党会議で発言 記者団には否定

  3. 横浜・野毛の象徴 樹木希林さん実家の居酒屋「叶家」が27日に閉店

  4. くらしナビ・ライフスタイル 「愛の不時着」12の疑問/上 ドラマで注目、北朝鮮の現状は

  5. 特集ワイド 北朝鮮、コロナ禍で金王朝に異変? トップ女優、謎の復活

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです