豪華寝台列車「四季島」

運行1周年 青森コースも人気

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 JR東日本の豪華寝台列車「トランスイート四季島」が来月で運行開始から1周年を迎える。1人32万円からと料金は高額だが、この1年間は全日程を完売する好調な滑り出しだった。青森県内の名所を巡るコースもあるが、すでに今年11月分まで完売という。同社は4日、1周年を前に報道陣に車内を公開した。

 四季島は10両編成の定員34人。上野駅を出て北海道・東北などの名所を巡る1泊2日~3泊4日の3コースがある。最高で1人95万円(3泊4日、2人1室の場合)だが、申し込みが殺到し、抽選倍率は平均6~7倍。最もグレードが高い部屋「四季島…

この記事は有料記事です。

残り393文字(全文654文字)

あわせて読みたい

注目の特集