メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

絵本「ゼツメツキグシュノオト」より

 イリオモテヤマネコやラッコ、オオウミガメなど絶滅する恐れの高い野生動物たちをモチーフにしたピアノ曲の楽譜と演奏CDが3月、発売された。題名は「ゼツメツキグシュノオト」。4月には絵本も出版される。音楽を通して絶滅危惧種に思いをはせようといういっぷう変わった企画について、曲を担当した春畑セロリさんと、詩や絵、朗読を担当した茂木淳子さんに聞いた。【小国綾子/統合デジタル取材センター】

この記事は有料記事です。

残り1841文字(全文2032文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 世界の雑記帳 米女子生徒、祖父の遺灰入りクッキーをクラスメートに配る=警察
  2. 地面師事件 なりすまし容疑者 本人確認で「えと」間違う
  3. 大阪・松井知事 公用車で庁舎周辺巡回、車内で喫煙
  4. ORICON NEWS ゴジラ、NASA研究チームが“星座”に認定 日本の怪獣では初
  5. 渡辺復興相 代表務める自民支部に間接補助金の企業が寄付

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです