メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

絵本「ゼツメツキグシュノオト」より

 イリオモテヤマネコやラッコ、オオウミガメなど絶滅する恐れの高い野生動物たちをモチーフにしたピアノ曲の楽譜と演奏CDが3月、発売された。題名は「ゼツメツキグシュノオト」。4月には絵本も出版される。音楽を通して絶滅危惧種に思いをはせようといういっぷう変わった企画について、曲を担当した春畑セロリさんと、詩や絵、朗読を担当した茂木淳子さんに聞いた。【小国綾子/統合デジタル取材センター】

この記事は有料記事です。

残り1841文字(全文2032文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アジア大会 ボランティアに破格の報酬 18日夜開会式
  2. インタビューシリーズ・温故知新 /上 高木ブー ネタ会議! 全員ギラギラ 音楽で始まり、人の輪も広がった
  3. アジア大会 バドミントン桃田快勝 男子団体、準々決勝に
  4. 夏の高校野球 金足農サヨナラ2ランスクイズ 近江を降す
  5. 余録 日本人の目には、どう見てもひらがなの「も」である…

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです