メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ニュース&トピックス

音楽で絶滅危惧種に思いを

絵本「ゼツメツキグシュノオト」より

 イリオモテヤマネコやラッコ、オオウミガメなど絶滅する恐れの高い野生動物たちをモチーフにしたピアノ曲の楽譜と演奏CDが3月、発売された。題名は「ゼツメツキグシュノオト」。4月には絵本も出版される。音楽を通して絶滅危惧種に思いをはせようといういっぷう変わった企画について、曲を担当した春畑セロリさんと、詩や絵、朗読を担当した茂木淳子さんに聞いた。【小国綾子/統合デジタル取材センター】

この記事は有料記事です。

残り1841文字(全文2032文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宮迫博之さん芸能界引退意向 吉本は面談継続
  2. ORICON NEWS 松本人志、闇営業の処分内容に疑問 宮迫・亮と後輩「分けてもいいのかなって」
  3. 発言遮り「極めて無礼でございます」 徴用工問題 河野外相の怒りの伏線は…
  4. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  5. 宮迫さん契約解消 終息の「落としどころ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです