メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中野サンプラザ

解体へ 区長表明「2024年度前後に」

中野サンプラザ(右)と東京都中野区役所。区は2024年度前後の取り壊しを検討している=JR中野駅北口前で2018年4月5日、福沢光一撮影

 東京のJR中野駅北口前にある中野区役所と中野サンプラザについて、中野区の田中大輔区長は5日の記者会見で、2024年度前後に取り壊す考えを示した。跡地に最大1万人収容のアリーナを建設し、コンサートやスポーツイベントなどに活用する。田中区長は「サンプラザのDNAを引き継ぎ、中野区のシンボル的なランドマークになっていけばいいと思う」と述べた。

     区は16年3月、区役所・サンプラザ地区に「1万人アリーナ」を建設する再整備実施方針案を策定。昨年12月から今年3月にかけて計4回、スポーツ庁委託事業として、野村不動産や清水建設、電通などが入った「中野駅新北口アリーナ整備官民連携協議会」を開き、今回の「1万人アリーナ」のあり方をまとめた。中野サンプラザホールや周辺のまちが培ってきた中野の文化やブランドを生かし、アリーナを起点としたまちづくりを行うことで、コンサートやスポーツイベントなどによって訪れる人は年間100万人を超えると推測している。

     区は27年度の完成を目指し、今年度に事業計画を策定する予定。田中区長は「中野に造るアリーナはたくさんの可能性を持っている。地域全体のさまざまなイノベーションを引き起こす。プロのスポーツチームも誘致できればいい」と語った。

     長く区のシンボルであり、多くの音楽ファンにも親しまれたサンプラザの解体には反対論も根強く、アリーナ建設の是非は6月の区長選(3日告示、10日投票、11日開票)で最大の争点となる見通し。「アリーナ事業転換」を掲げる立候補予定者もおり、選挙結果次第では「サンプラザ存続」の可能性もある。【福沢光一】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. ゆるキャラ GPは志木の「カパル」 注目の四日市は3位
    2. 北海道 函館山ロープウェイ開業60周年 無料開放
    3. 全国人権・同和教育研究大会 差別なき世界、子どもに 教育者ら討論や発表 大津など6市 /滋賀
    4. 社説 「イッテQ」にやらせ疑惑 うやむやでは済まされぬ
    5. 兵庫・篠山市 「丹波篠山市」変更が賛成多数 住民投票

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです