メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

飯舘の102歳自殺

東電幹部が謝罪「つらい決断させた」

大久保文雄さんの遺族の美江子さん(左)に謝罪する東京電力幹部=福島県飯舘村で2018年4月5日午後2時29分、代表撮影

 東京電力は5日、福島第1原発事故による避難指示を受けて自殺した福島県飯舘村の大久保文雄さん(当時102歳)の遺族に謝罪した。自殺と事故の因果関係を認める福島地裁判決(2月20日)が確定したことを受け、東電福島復興本社の近藤通隆副代表ら3人が同村の遺族宅を訪れた。

 近藤副代表は、文雄さんの次男の妻で原告と…

この記事は有料記事です。

残り231文字(全文384文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 殺菌効果は半永久 ウイルスの不活性を早める銅繊維シート開発 新型コロナ

  2. 石川知事「交流は地域活性化」 宣言地域からの往来自粛呼びかけず、県民に不安の声

  3. 「6月に消費税0%」で令和の恐慌を防ぐ

  4. 見る探る 在宅勤務は?休業は? 出勤せざるを得ない人たちの苦悩 緊急事態宣言の街から

  5. 職員室で飛び交う暴言、下ネタ 「機能不全」に陥った神戸・東須磨小の抱えた「闇」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです