将棋

藤井六段、高校生初対局を白星で飾る 棋王戦予選

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
藤井聡太六段
藤井聡太六段

 将棋の最年少棋士、藤井聡太六段(15)は5日、大阪市福島区の関西将棋会館であった第44期棋王戦予選3回戦で古森(こもり)悠太四段(22)を145手で破り、高校生になった新年度の初対局を白星で飾った。次戦の予選ブロック準決勝では大石直嗣七段(28)と対戦する。この日の勝利で通算成績は72勝12敗。

 将棋は先手番の藤井六段が居飛車、古森四…

この記事は有料記事です。

残り122文字(全文291文字)

あわせて読みたい

注目の特集