メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

タリウム事件

元名大生が上告 無期懲役支持の高裁判決

 大学1年時に名古屋市で高齢女性を殺害し、高校2年時に仙台市で同級生ら2人に劇物の硫酸タリウムを飲ませたなどとして、殺人、殺人未遂罪などに問われた元名古屋大学生の女(22)=事件当時16~19歳=の弁護側は5日、無期懲役の1審・名古屋地裁判決を支持した名古屋高裁判決(3月23日)を不服として上告した。

 弁護側は3月26日、1審判決に続いて完全責任能力を認めた高裁判決に対し「到底納得できない」とコメントした。その中で「障害を理解しないまま、治療・教育の体制のない刑事施設で無期懲役にするだけでは何ら解決にならない。司法の分野で発達障害者支援法の理解度が低い現状が改めて明らかになった」と批判していた。

この記事は有料記事です。

残り169文字(全文470文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 羽生善治九段、藤井聡太2冠に80手で公式戦初勝利 王将戦リーグ

  2. 「もうええわ」ふるさと納税返礼品業者の叫び 指定取り消しの高知・奈半利町

  3. 安倍氏が支援した育鵬社教科書の採択が激減した理由 菅首相は…

  4. 元TOKIO山口達也容疑者を現行犯逮捕 酒気帯びでバイク運転の疑い

  5. 安倍政権が残したもの 解散総選挙乱発 「内交」になった外遊 姜尚中さん「支持率のための外交ショー」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです