明石海峡大橋

海渡る七色の翼 開通20年ライトアップ

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
開通20周年を記念してライトアップされた明石海峡大橋。神戸市側から淡路島を望む=神戸市垂水区で2018年4月5日午後7時23分、小松雄介撮影
開通20周年を記念してライトアップされた明石海峡大橋。神戸市側から淡路島を望む=神戸市垂水区で2018年4月5日午後7時23分、小松雄介撮影

 本州と淡路島を結ぶ世界最長のつり橋「明石海峡大橋」(主塔間1991メートル、全長3911メートル)が5日、開通から20年を迎えた。同日夜、ケーブルに取り付けた照明による特別ライトアップがあり、光に彩られた曲線が夜空を飾った。

 明石海峡大橋は神戸市と兵庫県淡路市の間に架かり、約10年間の工事を経て1998年4月…

この記事は有料記事です。

残り235文字(全文391文字)

あわせて読みたい

注目の特集