メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

相撲協会

女性市長の土俵上あいさつ拒否 大相撲宝塚巡業

宝塚市長選に立候補した中川智子氏=兵庫県宝塚市役所で2017年3月13日、山本愛撮影

 兵庫県宝塚市の中川智子市長が6日に市内で開かれる大相撲の春巡業の際、土俵に上がってあいさつすることを求め、日本相撲協会から断られた。「土俵は女人禁制」の伝統が理由とみられる。中川市長は毎日新聞の取材に「相撲の伝統を守るとしても、首長は性別に関わらず平等の立場であるべきだ」と話し、6日は土俵の下から同様の主張をするという。

 京都府舞鶴市の4日の巡業では、土俵上であいさつ中に倒れた多々見良三市長の救命処置をした女性に対し、協会側が土俵から下りるようアナウンス。波紋を呼び、協会の八角理事長(元横綱・北勝海)が「人命にかかわる状況には不適切な対応でした」と謝罪のコメントを発表した。

 市関係者によると、中川市長は舞鶴市長が土俵の上であいさつしていたことを報道で知り、同じように土俵からあいさつできるよう、5日に主催者の「宝塚場所実行委員会」を通じて日本相撲協会に要請。「伝統に配慮して土俵の外であいさつしてほしい」と断られたという。宝塚開催の「宝塚場所」は今年が2回目で、中川市長は昨年、土俵の外であいさつしていた。

 土俵の女人禁制を巡っては、2000年の春場所で、大阪府の太田房江知事(当時)が土俵の上で優勝力士を表彰することを希望し、協会に断られた例がある。【石川勝義】

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 尼崎脱線 意識不明5カ月、重い障害「仕事がうれしい」
  2. 近鉄 橋梁上の線路ゆがむ 再開めど立たず 南大阪線
  3. 尼崎脱線 顔を20回以上手術 犬が支え「あきらめない」
  4. 結婚 俳優の松田翔太さん、モデルの秋元梢さんと
  5. 森友学園 国有地売却問題 佐川氏「役所守るため」 文書改ざんを事前了承 検察に供述

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]