メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

エンタメノート

解散から40年 キャンディーズに「あこがれ」

ラストステージとなった「ファイナルカーニバル」で歌うキャンディーズ。左からミキ(藤村美樹)、ラン(伊藤蘭)、スー(田中好子)の3人=東京都文京区の後楽園球場で1978年4月4日、藤田君幸撮影

 40年前の春、子どもだった私は、キャンディーズにあこがれていた。歌だけでなく、バラエティー番組でコントにも登場した、ラン、スー、ミキの3人組アイドル。1978(昭和53)年4月4日、後楽園球場での「ファイナルカーニバル」を最後に解散。球場は東京ドームに替わり、ファンだったスーちゃん(田中好子さん)も、もういない。そして、当時ファンの中心だった高校生、大学生は、もうすっかり、AKBがよくわからないおじさんに。でも、AKBがわからなくても、今の若者が熱中するのは理解できるはずだ。自分たちもそうだったように。

 ネットなどない当時、彼女たちとファンをつないだのはラジオ番組であり、はがきだった。ファンは、ラジオを聴き、はがきを書くことで、彼女たちとつながり、その成長を見守ってきた。

この記事は有料記事です。

残り847文字(全文1188文字)

油井雅和

東京生まれ。東京、大阪で、大衆芸能、笑芸、放送などを取材し、芸術選奨選考審査員、文化庁芸術祭審査委員などを務めた。沖縄好きで学生時代から通い、泡盛は糖質ゼロなので大好き。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 劇場やスポーツ観戦、5月末にも再開 東京都、休業要請緩和前倒し検討

  2. 余録 都市封鎖をせず、欧米各国と一線を画したスウェーデンの…

  3. 27%ショック「底打った」「危険水域」与党動揺 石破氏「かなり厳しい」

  4. 埼玉・富士見のマンションに2遺体 「両親殺した」36歳長男を聴取

  5. 国家安全法制、香港で反対デモ 「1国2制度の崩壊」 移住検討、急増

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです