メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎日フォーラム・牧太郎の信じよう!復活ニッポン

誰でも“孤独死予備軍” 北島三郎次男の死で思ったこと

 世間さまが「東大卒の頭の良いはずの財務官僚が公文書を改ざんした騒動」に夢中になっていた頃、当方、別の「深刻な出来事」に心を痛めていた。

 3月の初め“演歌の大御所”北島三郎さんの次男で、ちょっとは知られた元ミュージシャン、大野誠さんが東京都調布市の自宅で病死していた。

 北島音楽事務所社長である兄の大野竜さんが、弟と1週間ぐらい音信不通。心配になって、3月3日、調布市の自宅を訪ねると、一人暮らしの誠さんは、服を着たまま「パタッと倒れていた」。

 死因は心不全。死後約1週間経過していた。俗に言う「孤独死」だった。1週間も「訪ねる人物」がいなかっ…

この記事は有料記事です。

残り2260文字(全文2532文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 脇につるす拳銃ホルスター型かばん 目の不自由な男性発案、刑事ドラマをヒントに

  2. 上皇后さま体調不良続く 精神的なストレスが原因と宮内庁

  3. JR茨木駅で男性転落、右足一部切断の重傷 約3万人に影響

  4. 農業後継者、高専、120年超す伝統校…センバツ21世紀枠 9候補はこんな学校

  5. 「妻子3人の死亡は出勤前」法医学者証言 元巡査部長は「出勤時寝ていた」 福岡地裁公判

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです