メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
毎日フォーラム・課長補佐時代

文部科学省高等教育局長 義本博司(56)

義本博司氏

議論による仕事の作法を学ぶ

 1995年3月から3年間、フランスのユネスコ日本政府代表部1等書記官として勤務しました。林梓大使の下、参事官、書記官、現地スタッフで8人という小さな組織でした。

 当時の世界情勢は冷戦体制の崩壊後、各地で紛争が勃発し、また紛争終結後の平和構築が課題でした。当時のユネスコは米国と英国が脱退しており、マイヨール事務局長の下で「平和の文化」の名の下に紛争地域に関わる事業に関与し、教育、文化、科学というユネスコの本来の範囲を逸脱した状況に陥っていました。 

 こうした状況を憂慮し、最大拠出国の日本は、ユネスコ本来の事業への集中など改革を求めていく方向に舵を…

この記事は有料記事です。

残り579文字(全文868文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 韓国政府、GSOMIAを破棄へ 安保会合で決定

  2. 東京パラスペシャルサポーター・香取慎吾さん「できるだけ多くの人、観戦して」

  3. 韓流パラダイム 文大統領は「盗っ人たけだけしい」と言ったのか プロ通訳と読み解いた

  4. ORICON NEWS 島耕作、会長退任で相談役就任 「役職は永遠のネタ」とネット上話題

  5. 「NHKと契約したら受信料は義務」政府が答弁書 スクランブル放送には否定的見解

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです