メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

マスターズ

[速報]日本勢最上位は小平の1アンダー16位タイ(PGA Tour)

情報提供:PGA Tour

マスターズ 初日

小平智が3バーディ、2ボギーの1アンダー71でプレーした Photo by Patrick Smith/Getty Images

PGAツアー第23戦 マスターズ/ジョージア州 オーガスタ・ナショナルGC

 オーガスタ(ジョージア州)で開幕した今季メジャー第1戦のマスターズ。日本人選手は松山英樹、小平智、池田勇太、宮里優作の4人が出場している。

 松山は1オーバー29位タイ、小平は1アンダー16位タイ、池田は4オーバー62位タイ、宮里は5オーバー73位タイで初日のラウンドを終えた。

MORE:マスターズの最新スコアはここをクリック!

 小平は現地時間の9時36分に1番ホールからスタート。2番パー5でバーディを先行させると、4番パー3をボギーとしたが、7番パー4でバーディを取り返した。前半を1アンダーで折り返した。

 後半に入ると、17番パー4でボギーを叩いたが、18番パー4をバーディで締めくくった。この日のスコアは3バーディ、2ボギーの1アンダー71(パー72)。首位と5打差の16位タイと好位置につけた。

 松山は現地時間の10時9分に1番ホールからスタート。1バーディ、1ダブルボギーの1オーバー73でプレーした。首位と7打差の29位タイだった。

 池田は現地時間の12時43分に1番ホールからスタート。4バーディ、4ボギー、2ダブルボギーの4オーバー76でプレーした。首位と10打差の62位タイだった。

 宮里は現地時間の13時16分に1番ホールからスタート。2バーディ、4ボギー、1トリプルボギーの5オーバー77でプレーした。首位と11打差の73位タイだった。

ジョーダン・スピースが6アンダー66でプレーし、単独首位発進 Photo by Andrew Redington/Getty Images

 初日終了時点で首位に立ったのはジョーダン・スピース(米国)。1イーグル、7バーディ、3ボギーの6アンダー66でプレーし、後続に2打差をつけた。

 首位と2打差の4アンダー2位タイに、トニー・フィナウ(米国)とマット・クーチャー(米国)の2人が並んだ。

 首位と3打差の3アンダー4位タイに、キャリアグランドスラムを狙うロリー・マキロイ(北アイルランド)やヘンリック・ステンソン(スウェーデン)ら7人が続いている。

 前年覇者のセルヒオ・ガルシア(スペイン)は、15番パー5で13打の大崩れがあり、9オーバー81。首位と15打差の85位タイと大きく出遅れた。

 世界ランキング1位のダスティン・ジョンソン(米国)は、3バーディ、4ボギーの1オーバー73でプレー。首位と7打差の29位タイ。

 3年ぶりのマスターズ出場となるタイガー・ウッズ(米国)も、3バーディ、4ボギーの1オーバー73でプレー。同じく首位と7打差の29位タイだった。


情報提供:PGA Tour

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 俳優の梅宮辰夫さん死去 81歳 「仁義なき戦い」

  2. 75歳以上の医療費負担 2割に引き上げ 政府検討

  3. 梅宮辰夫 「やすらぎの刻」で石坂浩二の亡き父役 倉本聰作品に12年ぶり出演

  4. 「桜を見る会」で首相擁護 お膝元の下関市長に全国から批判続々

  5. 日韓 日韓 感情的な連鎖断ち切る「蒸し返し」はダメ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです