サウジアラビア

「イスラエル人 自国で暮らす権利」 ムハンマド皇太子、「対イラン」で接近

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
サウジアラビアのムハンマド皇太子=ロイター
サウジアラビアのムハンマド皇太子=ロイター

 【カイロ篠田航一】サウジアラビアのムハンマド皇太子は2日付の米誌アトランティック(電子版)のインタビューで、「イスラエルの人々は自国の土地で平和に暮らす権利がある」と述べ、これまで敵対してきたイスラエルを容認したとも取れる発言をした。サウジとイスラエルは最近、双方が敵視するイランをけん制するため、水面下で関係を深めているとの見方もある。それを裏付けるかのような発言として注目されている。

 サウジはイスラエルを国家承認しておらず、イスラエルが1967年の第3次中東戦争で得たアラブの占領地から撤退することなどを国交樹立の条件としている。皇太子はインタビューで「パレスチナ人とイスラエル人はそれぞれの土地を保有する権利がある。だがすべての人が安定を確保し、正常な関係を築くためには和平合意が必要だ」と語った。

この記事は有料記事です。

残り374文字(全文728文字)

あわせて読みたい

ニュース特集