メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

松沢一憲のVライン

G1 末脚強烈、アーモンドアイ (日曜競馬)

 過去10年、連対馬は(12)(15)、(1)(2)、(1)(3)、(2)(1)、(2)(4)、(7)(2)、(1)(2)、(5)(7)、(3)(2)、(8)(3)番人気で決まった。

 馬連配当は

 3けた…………4回

 1000円台…2回

 3000円台…1回

 7000円台…1回

 万馬券…………2回

 2000円未満の人気サイドの決着が6回ある一方で、2008年と17年に19万6630円、1万7000円の万馬券が飛び出す波乱となっている。

 一方、3連単配当は700万円台、5680円、3万円台、5880円、2万円台、67万円台、2540円、23万円台、2万円台、9万円台。馬連が19万馬券となった年に700万2920円の大荒れとなり、10万超の高配当も2回。人気薄馬から目が離せない一戦となっている。ちなみに、3着は5、5、11、4、3、14、5、8、6、1番人気だった。

この記事は有料記事です。

残り1203文字(全文1587文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「財研」記者日記 (1)財務省の花形ポスト「主計官」 喜怒哀楽に富む意外な素顔

  2. #排除する政治~学術会議問題を考える 「だんまり決め込むなら、学術会議はなくなったらいい」木村幹教授の痛烈投稿 その真意は

  3. タイ首相、改憲手続き表明 臨時国会で デモの早期沈静化図る

  4. 大阪市4分割ならコスト218億円増 都構想実現で特別区の収支悪化も 市試算

  5. 与党はまた“首相隠し”に走るのか くすぶる支持率低下の不安 臨時国会の行方

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです