メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

がん患者

美容支援 頭髪や肌の荒れケア 都内に専門施設、来月オープン

医療用ウイッグをがん患者に合わせる赤木勝幸代表=名古屋市千種区のアピアランスサポートセンターあいちで(全国福祉理美容師養成協会提供)

 がん治療による頭髪の悩みや肌、爪の荒れを専門にケアする美容施設「アピアランスサポートセンターTOKYO」が5月1日、東京都文京区にオープンする。仕事を持ちながら治療を受けるがん患者は30万人を超え、外見(アピアランス)のケアの需要が増している。開設するNPO法人「全国福祉理美容師養成協会」代表の赤木勝幸さん(50)は「美容の力で、患者が自分らしさを取り戻せるよう応援したい」と意気込む。【高野聡】

 働きながらがんの治療を受ける患者が国内で増え、国立がん研究センター中央病院(東京都中央区)が2013年に支援センターを設けるなど、外見をケアする需要が高まっている。しかし、相談から施術まで受けられる専門の施設はまだ少ない。

この記事は有料記事です。

残り488文字(全文800文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「嵐フェス2020」収録中の花火で神宮球場の試合中断 ジャニーズおわび

  2. 大阪・梅田HEP FIVEで高校生転落し死亡 路上の19歳巻き添え意識不明

  3. 特集ワイド れいわ・山本氏、強気姿勢から現実路線に? インディーズ魂のままで 結党1年余、リーダーの顔に

  4. 「優しく温厚。成人式で会えると…」 大阪・巻き添え死 女子学生の友人が涙

  5. #排除する政治~学術会議問題を考える 行革や効率性で「文句を言う人」飛ばす怖さ 菅政権の新自由主義 重田明大教授

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです