メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

散る桜、追われる祭り 満開過ぎ早くも緑

桜の花が散ってしまったため、木の幹に取り付けられた満開時の写真=千葉市で2018年4月7日午前10時17分、藤井達也撮影

 満開の桜の下、各地でイベントが開かれる4月初旬の週末。だが、今年は満開のピークが早く、主催者側は夜桜のライトアップを打ち切るなど対応に追われている。

 毎年この時期に「さくらまつり」が開かれる千葉市のJFEスチール東日本製鉄所は、平年並みの満開を想定し2月中旬に開催日を4月7、8日と決め、イベントを告知。しかし3月に入って気温が上がり、中旬には下旬に満開との情報が入った。だが飲食の出店業者との調整などが間に合わず日程変更はできなかった。7日は会場の葉だけになった桜の木に満開だった時の写真が張り付けられた。娘2人と訪れた同市…

この記事は有料記事です。

残り398文字(全文662文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小堺一機さん、現金や300万円高級腕時計など窃盗被害 韓国籍の被告再逮捕
  2. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか
  3. 「撤回まったく考えてない」 韓国と協議せず 経産相 輸出規制強化で
  4. 1人の女性に狙いか 福岡・粕屋死体遺棄事件容疑者 勤務先「まさか」
  5. 日韓 自分の物差しで相手をはかるな 「嫌韓」は危険

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです