メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

震災7年・とうほくの今

2011年度生まれ、小学校入学 両親の古里で菊池花音さん 大槌学園、新1年生61人 /岩手

 県内の小学校の入学式がピークを迎えた6日、多くの新1年生が学校生活をスタートさせた。県教委によると、この日に入学式を開いた公立小は186校。大槌町立大槌学園では、東日本大震災から間もない2011年度に生まれた61人が、新しいまなびやに第一歩を記した。【中尾卓英、鹿糠亜裕美】

 「お父さん、お母さんも大好きな大槌の海や山でいっぱい遊びたい」。菊池花音(かのん)さん(6)は11年4月13日に県立釜石病院(釜石市)で生まれた。今春、避難先の花巻市から父一馬さん(27)、母美希さん(26)と4人のきょうだいと共に両親の古里に戻った。両親は「きょうだいの面倒を見てくれる心優しい子。元気にすくすく育ってほしい」と満開の笑顔で話した。

 県内初の義務教育学校(小中一貫校)の同学園にはこの日、男子29人、女子32人が入学した。体育館であ…

この記事は有料記事です。

残り531文字(全文895文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
  2. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と
  3. クローズアップ2017 特養、受け入れ敬遠 国の制限「意味ない」
  4. 6さいからのニュース シャンシャンおやばなれへ
  5. 老老介護 低所得ほど長時間 国立長寿医療研調査、情報不足や孤立の恐れ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです