メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

前橋藩主の槍

刀剣女子も必見!? 複製品初公開 臨江閣で22日 /群馬

 江戸時代に前橋地域を治めた4大名家「前橋四公」の一つ、松平大和守家(やまとのかみけ)の家宝「御手杵(おてぎね)の槍(やり)」の複製品が22日、前橋市大手町3の臨江閣で展示される。22日開催の「前橋藩主松平大和守家顕彰祭」の目玉イベントで、公開は初めて。観覧無料。

 「御手杵の槍」は「天下三名槍」の一つで長さ約2メートル30センチ。子孫が保管していたが、太平洋戦争中の空襲で焼失したとみられ、現存しない。関係者が山形県無形文化財保持者の刀匠、上林恒平さんに依頼し、複製品を完成させた。

 前橋市文化国際課によると、御手杵の槍は、取り出すと雷雨が発生するという言い伝えがあるという。22日…

この記事は有料記事です。

残り376文字(全文668文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 沖縄慰霊の日 平和の詩「生きる」全文
  2. 晴れ着トラブル 「はれのひ」社長聴取へ 23日午後帰国
  3. サッカー日本代表 「西野監督ごめんなさい」ネットに続々
  4. 将棋 藤井七段、王座戦タイトル初挑戦まであと2勝
  5. トランプ米大統領 安倍首相に暴言 G7で移民政策議論中

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]