メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

聖地巡礼

久喜市が先駆け らき☆すた10年、新たな絆 市民とアニメファンの交流続く /埼玉

 アニメの舞台やゆかりの地をファンが訪れる「聖地巡礼」。ブームの先駆けとなった久喜市鷲宮では、地元住民とファンが一体となり町おこしに取り組んできた。舞台となったアニメの放映から10年が過ぎても絆は途切れず、新たな伝統が根付きつつある。

 女子高生の日常を描いたアニメ「らき☆すた」の放映開始は2007年。作中に登場する神社のモデルとなった同市の鷲宮神社には、直後から若い男性が多く訪れるようになった。地元商工会は、出演声優を招いたイベントや関連グッズ販売を企画。ファンとの交流が深まるにつれ、イベントのノウハウを伝授するなど、運営を手伝ってくれる人も出始めた。

 久喜市商工会鷲宮支所の松本真治さん(40)は「いかにファンに楽しんでもらえるかを心がけてきた」。フ…

この記事は有料記事です。

残り556文字(全文885文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 目黒虐待死 懲役18年求刑された父、涙で「本当に本当にごめんなさい」

  2. セクシーの意味は「魅力的」と政府答弁書 直近5年で閣僚発言なし 小泉氏発言

  3. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  4. 家も畑も「本当に無くなっちゃった」 「次はすぐ逃げる」 住民ぼうぜん 堤防決壊の千曲川

  5. 郵政副社長 NHKのかんぽ問題取材は「放送倫理違反」 参院予算委

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです