メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

聖地巡礼

久喜市が先駆け らき☆すた10年、新たな絆 市民とアニメファンの交流続く /埼玉

 アニメの舞台やゆかりの地をファンが訪れる「聖地巡礼」。ブームの先駆けとなった久喜市鷲宮では、地元住民とファンが一体となり町おこしに取り組んできた。舞台となったアニメの放映から10年が過ぎても絆は途切れず、新たな伝統が根付きつつある。

 女子高生の日常を描いたアニメ「らき☆すた」の放映開始は2007年。作中に登場する神社のモデルとなった同市の鷲宮神社には、直後から若い男性が多く訪れるようになった。地元商工会は、出演声優を招いたイベントや関連グッズ販売を企画。ファンとの交流が深まるにつれ、イベントのノウハウを伝授するなど、運営を手伝ってくれる人も出始めた。

 久喜市商工会鷲宮支所の松本真治さん(40)は「いかにファンに楽しんでもらえるかを心がけてきた」。フ…

この記事は有料記事です。

残り556文字(全文885文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 沖縄慰霊の日 平和の詩「生きる」全文
  2. サッカー日本代表 「増量と身長調整は失敗」西野監督
  3. サッカー日本代表 セネガル戦、速攻に要注意
  4. サッカー日本代表 「西野監督ごめんなさい」ネットに続々
  5. 1型糖尿病 障害年金を 支給求めて提訴へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]