メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ヘルスケア産業創出で武田薬品工業と覚書締結 /神奈川

 県は6日、武田薬品工業(大阪市)とヘルスケア関連産業の創出などに関する覚書を締結した。同社が創薬研究のグローバル拠点「湘南ヘルス・イノベーション・パーク」を藤沢市に設置したことを受けたもので、連携し協力すると確認した。

     昨年開設された同パークは、同社の研究者だけでなく、ベンチャー企業や大学にも開放し、高い技術をもつ人材の交流などを行うというもの。既に18社が入っており、国内最大級の研究開発拠点を目指している。

     締結式で黒岩祐治知事は「セミナーやベンチャー支援などを協力して行い、産業面から政策推進に挑戦したい」とあいさつ。同社のクリストフ・ウェバー社長も「パークの入居企業らと県内の関連施設との連携が増加し、さらなるイノベーションが生み出される可能性がある。近い将来、県との連携が最重要な基盤の一つになることを望みます」と話した。【国本愛】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 九大の森 静寂こそ…インスタ映えで殺到、閉鎖も検討
    2. 特集ワイド 財務事務次官のセクハラ疑惑 あきれた政府の人権感覚
    3. 反セクハラ 自民・長尾氏、女性議員に「縁遠い方々」
    4. 東京入管 収容トルコ人腹痛、放置 虫垂炎と腹膜炎併発
    5. 深い傷 性暴力の現場から/上 告白の夜、夫婦で号泣 父から強姦、被害公表し支援側に

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]