メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

強制不妊手術県内96件 個人の記録なし 県衛生統計 /富山

 旧優生保護法(1948~96年)下で、障害者らへの強制的な不妊手術が行われていた問題で、県内では51~83年に96件実施されていたことが6日、分かった。県衛生統計年報の記録で判明したが、不妊手術を受けさせられた人に関する資料は残っていない。救済に向け「記録のない被害者」の特定は困難を極めそうだ。

 県健康課によると、県衛生統計年報の記録では、本人の同意がない強制不妊手術は59年…

この記事は有料記事です。

残り286文字(全文476文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山梨のキャンプ場で不明の美咲さん 両親が新たに写真と動画を公開

  2. 「気持ち抑えきれず」TDLで中学男子生徒にキス、女性教諭を懲戒免職 千葉県教委

  3. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 台風19号 「公邸待機」の安倍首相批判を問う

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです