メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

がん克服

歩いて支援 日本対がん協会 経験者らと交流 金沢 /石川

石川県立中央病院に到着する垣添忠生さん(右端)=金沢市鞍月2の同病院で、日向梓撮影

 早期の発見と治療でがん撲滅を目指す東京都の公益財団法人「日本対がん協会」=垣添忠生会長(76)=のメンバーは2月から、がんの経験者「サバイバー」を支援するため全国の病院を巡っている。6日は金沢市の県立中央病院などで県内のサバイバーらと交流した。

 垣添会長自身も大腸がんと腎臓がんを経験。妻もがんで亡くし、「半身を失ったようにつらく、浴びるほど酒を飲んだ時期もある」。だが妻が悲しむと思って暴飲をやめたという。垣添会長は、知識があったから自分ががんと分かっても恐怖はなかったという。だが「一般の人…

この記事は有料記事です。

残り372文字(全文620文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 元徴用工訴訟 河野外相「原告は徴用された方ではない」
  2. ライフスタイル 仕事がデキる人はもれなく「習慣の奴隷」である ──『天才たちの日課』(GetNavi web)
  3. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  4. 名古屋 BTSファン投稿巡り女子大に爆破予告メール
  5. 論プラス 元徴用工めぐる判決 日韓に刺さったとげ=論説委員・大貫智子

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです