メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

紀伊山地

100年前 岸田日出男氏の映像公開、大淀町HPに いかだ流しや女学生の姿 /奈良

 「吉野熊野国立公園の父」と呼ばれた岸田日出男氏(1890~1959年)が大淀町北六田の自宅に残していた約100~80年前の紀伊山地の映画を、遺族から寄贈された大淀町がデジタル化し役場ホームページなどで公開している。現存する地域の映像としては最古とみられるものもあり、戦前の暮らしぶりや自然を収めた貴重な映像に触れることができる。【栗栖健】

 岸田氏は県立農林学校林科(大淀町)を卒業し吉野郡役所の技師になる。開発やダム建設が進む吉野の山の保護活動に携わり、1936年の吉野熊野国立公園誕生に尽力した。

この記事は有料記事です。

残り349文字(全文599文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「#FreeAgnes」 日本からも周庭氏逮捕への抗議続々

  2. 家族で登山中に行方不明の小6男児を無事発見 新潟・上越

  3. 周庭氏を逮捕 民主活動家 国安法違反容疑で香港警察

  4. 女性に無断で堕胎させた疑いで外科医を逮捕 麻酔薬飲ませる 岡山県警

  5. 首相あいさつ93%一致 広島と長崎、過去例とも類似 被爆者「ばかにしている」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです