メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2018

法案閣議決定 「働かされ放題」の恐れ 高プロ、対象者警戒

 後半国会の焦点になる働き方改革関連法案が6日、閣議決定された。与野党の対立軸となるのは、高収入の一部専門職を労働時間規制の対象から外す「高度プロフェッショナル制度」(高プロ)。財務省の決裁文書改ざん問題や、防衛省の日報問題などへの追及が強まる中、法案の行方は見通しづらくなっている。

 「働かされるだけ働かされて、つぶされるのではないか」。企業でコンサルタント業務を担う首都圏の40代男性は、高プロの導入に危機感を抱く。コンサルタント業界では長時間労働が常態化しているという。男性は多忙な時期に睡眠が1~2時間の日が続き、過労で倒れた経験がある。

 高プロの対象として政府が想定するのは、年収が1075万円以上で専門性が高い金融ディーラーやコンサル…

この記事は有料記事です。

残り1903文字(全文2226文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 年金事務所長、ツイッターでヘイト発言し更迭
  2. 「新潮45」問題を考える 「ヘイトの意味 勘違いしていませんか?」 ジャーナリスト・安田浩一さん
  3. 夫婦別姓訴訟 賠償棄却判決 「現行制度合憲」 東京地裁
  4. 桜田五輪担当相「震災時に東北道動いていた」発言を撤回 参院予算委
  5. 風知草 バイカル湖に寄せて=山田孝男

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです