東日本大震災

福島第1原発事故 ベトナム人解体従事 実習生からピンハネ、環境省確認

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 ベトナム人の男性技能実習生が東京電力福島第1原発事故後の除染や家屋解体に従事していた問題で、環境省は6日、実習先の建設会社が特殊勤務手当(危険手当)をピンハネしていたと発表した。これまで実習先は、偽の賃金台帳を示して「支払った」と虚偽説明していた。厚生労働省は労働基準法違反の疑いで調べている。

 環境省によると、ピンハネを確認したのは…

この記事は有料記事です。

残り113文字(全文281文字)

あわせて読みたい

ニュース特集