メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

我らが少女A

/244 第7章 5=高村薫 田中和枝・挿画監修

 栂野雪子は夜勤明けの代休を利用して、木更津へ向かう。先週から上田亜沙子のケータイがつながらなくなり、あれこれ想像するのにも疲れて、いっそ落花生の送り状にあった住所を訪ねてみようと思い立ち、家を出てきた。新豆が美味(おい)しいと長閑(のどか)なことを言っていた亜沙子が急に連絡を絶つとしたら、事故か病気ぐらいしか理由が思いつかないし、もしそうなら、事件へのわだかまりはひとまずおいて、看護師の自分には何か出来ることがあるかもしれない。あまり時間もかけずにそんな結論を出していたが、せっかくの休日に、駒沢へ孫娘の顔を見に行くよりも上田亜沙子を優先している自分の気持ちがそれほど穏当なものであるはずはなかったし、事情によっては相手を逆に傷つけることになるのも承知の上で、自分を抑えられなかったというのが正しい。もしも上田亜沙子がこの世から消えてしまったら、事件も自分の気持ちも永遠…

この記事は有料記事です。

残り582文字(全文970文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 反セクハラ 自民・長尾氏、女性議員に「縁遠い方々」
  2. 和歌山妻殺害 容疑で逮捕の夫、不倫相手との新生活望む
  3. 毎日新聞世論調査 内閣支持率30% 不支持率49%
  4. クローズアップ2018 毎日新聞世論調査 内閣支持率、続落30% 「危険水域」寸前 麻生氏処遇、難局に
  5. 東芝 「稼ぎ頭」温存探る 銀行団に「中止」容認論

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]