メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲

女性土俵問題 女性市長、土俵下から注文 宝塚巡業「相撲協会は変革の勇気を」

土俵の下であいさつする中川宝塚市長=兵庫県宝塚市で6日、平川義之撮影

 京都府舞鶴市の大相撲春巡業で市長が倒れ、救命処置の女性が土俵から下りるよう促された問題に絡み、別の巡業先の兵庫県宝塚市の中川智子市長(70)は6日、土俵上のあいさつが断られたとして「女性という理由でできないのは悔しい。変革する勇気も大事ではないか」と土俵下から述べ、日本相撲協会に注文を付けた。

 中川市長は5日、舞鶴市の多々見良三市長(67)と同様に土俵上のあいさつを主催者を通じ協会に要請したが「(土俵は女人禁制の)伝統に配慮し土俵の外であいさつしてほしい」と断られていた。

 中川市長はあいさつで注文を付けた上で「女性の知事や市長も増えている。女性の総理大臣が現れた時、土俵…

この記事は有料記事です。

残り486文字(全文775文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 早見あかり、婚姻届を提出 お相手は30代前半の会社員の男性、7月に婚約会見
  2. 逮捕前のゴーン前会長、西川社長の更迭計画 米紙報道
  3. 東名事故誘発 あおり公判 「パトカーにも幅寄せ」検察指摘
  4. 「やめて」と制止も被告止まらず 同乗の女性証言 東名あおり事故公判
  5. ロシアメディア、紀平をたたえる 王位は「驚異の日本人に」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです