メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲

女性土俵問題 女性市長、土俵下から注文 宝塚巡業「相撲協会は変革の勇気を」

土俵の下であいさつする中川宝塚市長=兵庫県宝塚市で6日、平川義之撮影

 京都府舞鶴市の大相撲春巡業で市長が倒れ、救命処置の女性が土俵から下りるよう促された問題に絡み、別の巡業先の兵庫県宝塚市の中川智子市長(70)は6日、土俵上のあいさつが断られたとして「女性という理由でできないのは悔しい。変革する勇気も大事ではないか」と土俵下から述べ、日本相撲協会に注文を付けた。

 中川市長は5日、舞鶴市の多々見良三市長(67)と同様に土俵上のあいさつを主催者を通じ協会に要請したが「(土俵は女人禁制の)伝統に配慮し土俵の外であいさつしてほしい」と断られていた。

 中川市長はあいさつで注文を付けた上で「女性の知事や市長も増えている。女性の総理大臣が現れた時、土俵…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ピエール瀧容疑者に薬物譲渡疑い、通訳業の女を逮捕
  2. ORICON NEWS NGT48山口真帆、調査結果に不満「今までずっと耐えてきました」
  3. 紀平猛追及ばず4位 ザギトワが優勝 フィギュア世界選手権
  4. イチロー引退会見「妻と一弓には感謝の思いしかない」一問一答(その5)
  5. 「王子様」改名 キラキラネームなぜ? 鎌倉時代でも問題視

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです