メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

潮干狩り

鹿島灘沿岸で大幅縮小 ハマグリの稚貝保護

潮干狩り可能区域を示した看板。可能な区域では多くの家族連れが潮干狩りや水遊びを楽しんでいた=茨城県大洗町大貫町で2018年4月4日、吉田卓矢撮影

可能エリアは22キロから2.9キロに

 茨城県の鹿島灘沿岸で広く認められていた潮干狩り可能エリアが今年度から大幅に減少する。これまで沿岸の砂浜計約22キロで可能だったが、1日からは4区域・計約2.9キロ以外は禁止となった。ハマグリの資源保護が目的で、漁業権を管理する鹿島灘漁業権共有組合連合会や県は、周知に力を入れている。【吉田卓矢】

 潮干狩りが認められる4区域は、大洗サンビーチ(第1、第2ビーチ、大洗町)▽大竹海岸鉾田(鉾田市)▽下津(鹿嶋市)▽日川浜(神栖市)--の各海水浴場。県は今年度、周知などのため約420万円の予算を計上した。

この記事は有料記事です。

残り629文字(全文898文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ホテルの明細書あれば1000万%アウト」 桜前夜祭の野党ヒアリング詳報

  2. アフガン撤収7年 豪軍39人殺害、徹底捜査 政府、独立機関を設置

  3. 新型コロナ PCR検査拒否に罰則 都民フ、条例案提出へ

  4. 桜を見る会「前夜祭」そもそも何が問題だったのか? 捜査の行方は?

  5. 事実と違う答弁を繰り返した安倍氏…「桜を見る会」前夜祭 立件可否焦点に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです