メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

潮干狩り

鹿島灘沿岸で大幅縮小 ハマグリの稚貝保護

潮干狩り可能区域を示した看板。可能な区域では多くの家族連れが潮干狩りや水遊びを楽しんでいた=茨城県大洗町大貫町で2018年4月4日、吉田卓矢撮影

可能エリアは22キロから2.9キロに

 茨城県の鹿島灘沿岸で広く認められていた潮干狩り可能エリアが今年度から大幅に減少する。これまで沿岸の砂浜計約22キロで可能だったが、1日からは4区域・計約2.9キロ以外は禁止となった。ハマグリの資源保護が目的で、漁業権を管理する鹿島灘漁業権共有組合連合会や県は、周知に力を入れている。【吉田卓矢】

 潮干狩りが認められる4区域は、大洗サンビーチ(第1、第2ビーチ、大洗町)▽大竹海岸鉾田(鉾田市)▽…

この記事は有料記事です。

残り682文字(全文898文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 男児熱射病死 救急要請遅れか マニュアル具体的指示なし
  2. 浦和ルーテル 青学大系属校に 小中高校 /埼玉
  3. 西日本豪雨 最後の通話「やばい…」高3植木さん死亡確認
  4. 名古屋 「レゴランド」19日から入場料大幅値下げ
  5. 文化審議会 世界遺産候補に北海道・北東北の縄文遺跡群

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]