メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

NPO

がん患者の美容を支援 都内に専門施設

医療用ウイッグをがん患者に合わせる赤木勝幸代表=名古屋市千種区のアピアランスサポートセンターあいちで(全国福祉理美容師養成協会提供)

 がん治療による頭髪の悩みや肌、爪の荒れを専門にケアする美容施設「アピアランスサポートセンターTOKYO」が5月1日、東京都文京区にオープンする。仕事を持ちながら治療を受けるがん患者は30万人を超え、外見(アピアランス)のケアの需要が増している。開設するNPO法人「全国福祉理美容師養成協会」代表の赤木勝幸さん(50)は「美容の力で、患者が自分らしさを取り戻せるよう応援したい」と意気込む。

 働きながらがんの治療を受ける患者が国内で増え、国立がん研究センター中央病院(東京都中央区)が2013年に支援センターを設けるなど、外見をケアする需要が高まっている。しかし、相談から施術まで受けられる専門の施設はまだ少ない。

この記事は有料記事です。

残り493文字(全文800文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アフガニスタンで中村哲さん追悼 「人道の象徴」 銃撃から1年

  2. 「私が背中向けた段階で言わないで」安倍前首相、「桜」質問にいら立ち

  3. 宅八郎さん死去 57歳 「おたく評論家」の肩書でテレビ番組出演

  4. 沖縄は復帰後も不条理強いる「反憲法下」 照屋寛徳氏の社民党への「遺言」

  5. 菅首相、初論戦は「逃げ」全集中 9月の約束「丁寧な説明」はどこへ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです