メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

NPO

がん患者の美容を支援 都内に専門施設

医療用ウイッグをがん患者に合わせる赤木勝幸代表=名古屋市千種区のアピアランスサポートセンターあいちで(全国福祉理美容師養成協会提供)

 がん治療による頭髪の悩みや肌、爪の荒れを専門にケアする美容施設「アピアランスサポートセンターTOKYO」が5月1日、東京都文京区にオープンする。仕事を持ちながら治療を受けるがん患者は30万人を超え、外見(アピアランス)のケアの需要が増している。開設するNPO法人「全国福祉理美容師養成協会」代表の赤木勝幸さん(50)は「美容の力で、患者が自分らしさを取り戻せるよう応援したい」と意気込む。

 働きながらがんの治療を受ける患者が国内で増え、国立がん研究センター中央病院(東京都中央区)が201…

この記事は有料記事です。

残り555文字(全文800文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 女の気持ち 定年を前に 埼玉県日高市・井上しず江(大学職員・64歳)
  2. ご当地グルメ 鹿児島・あご肉 癖になる独特の食感
  3. 風知草 圧勝ですが、何か?=山田孝男
  4. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  5. Dr.北村が語る現代思春期 危険な「セクスティング」 削除できない性的画像

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです