メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

英語力調査

民間試験の共通テスト活用「機能しない」

 英語教育実施状況調査で、英検準2級程度以上の英語力がある高校3年生は4割と判明した。20年度に始まる大学入学共通テストでは民間資格・検定試験が活用されるが、評価に用いられる英語力の国際指標CEFR(セファール)で、英検準2級は6段階の下から2番目のA2に該当する。高3の6割が最低ランクのA1に集中していることになり、専門家は「入試として機能しない」と指摘する。

 共通テストで活用される民間試験の対象は、英検やTOEFLなど8種類。大学入試センターが、素点とCE…

この記事は有料記事です。

残り450文字(全文682文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  2. 天皇陛下即位を祝う献上品に文化庁長官制作の「シュプリンゲン」

  3. 山口組ナンバー2出所 暴力団の勢力図、塗り替わる可能性も

  4. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  5. 人生は夕方から楽しくなる 政治ジャーナリスト・田崎史郎さん 「地獄」見たからこそ、分かることがある

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです