化石出土

サンショウウオに似た新種両生類 中学生が発見

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
桑島化石壁で見つかった新種の両生類化石の拡大立体模型。頭や背骨など体の大部分の骨が残っていた=石川県白山市の白山市役所で2018年4月6日午後1時55分、久木田照子撮影
桑島化石壁で見つかった新種の両生類化石の拡大立体模型。頭や背骨など体の大部分の骨が残っていた=石川県白山市の白山市役所で2018年4月6日午後1時55分、久木田照子撮影

 石川県白山市教育委員会は6日、同市桑島の白亜紀前期の地層(約1億3000万年前)から、サンショウウオに似た新属新種の両生類の化石3個体分が見つかったと発表した。骨の大部分が残っているものもあり、世界的にも貴重な発見という。近い仲間が中央アジアのウズベキスタンで見つかっているが、東アジアでは初めて。

 発見現場は爬虫(はちゅう)類などの化石が発見されている桑島化石壁(かべ)。市教委によると、骨の大部分が残る化石は頭や背骨、手足の一部など43個の骨が残って立体的な形…

この記事は有料記事です。

残り351文字(全文584文字)

あわせて読みたい

ニュース特集