海水温低下

田辺湾のテーブルサンゴ最大95%死滅

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 環境省は6日、和歌山県南部の田辺湾に群生する世界最北域のテーブルサンゴを計6カ所で調べた結果、最大95%が死滅していたと発表した。紀伊半島沿岸は今冬、黒潮(暖流)蛇行に寒波が重なって海水温低下が続き、一部サンゴの白化・死滅が確認されていたが、深刻なデータが初めて明らかとなった。

 田辺湾を含む同県南部の沿岸部が2015年9月、吉野熊野国立公園に編入され、同省田辺自然保護官事務所(同県田辺市)が昨年12月から今年3月、地元ダイバーの協力を得て、モニタリング調査を初めて実施した。

 田辺湾の半径約2.5キロ内にある6カ所では今年2月末から3月中旬、全地点でサンゴが90%以上白化していた。うち5カ所では、白化したサンゴのうち95~85%が死滅状態だった。

この記事は有料記事です。

残り318文字(全文645文字)

あわせて読みたい

ニュース特集