原発ADR

浪江町と東電の賠償交渉打ち切り

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
東京電力福島第1原発の(右から)1~4号機=本社ヘリから喜屋武真之介撮影
東京電力福島第1原発の(右から)1~4号機=本社ヘリから喜屋武真之介撮影

 東京電力福島第1原発事故の慰謝料増額を求め、福島県浪江町民約1万5000人が申し立てた国の裁判外紛争解決手続き(ADR)について、原子力損害賠償紛争解決センターが町と東電に和解手続きの打ち切りを通知した。通知は5日付で、町が6日発表した。センターの和解案を東電が繰り返し拒否したためで、町民は民事訴訟を起こすかどうかの選択を迫られる。

 町は2013年5月、町民の代理人として1人あたり月10万円の精神的賠償を35万円に増額するよう求めてADRを申し立てた。申立人は町民の約7割に上った。センターは14年3月、月5万円(75歳以上は最大月8万円)を一定期間上乗せする和解案を示した。

この記事は有料記事です。

残り337文字(全文628文字)

あわせて読みたい

注目の特集