メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

レスリング

協会、伊調選手へのパワハラ謝罪 栄氏が辞任

記者会見で謝罪する日本レスリング協会の福田富昭会長(右端)ら=東京都渋谷区で2018年4月6日午後7時49分、藤井達也撮影

緊急理事会で、第三者の「認定」報告書に従う考え明らかに

 日本レスリング協会の栄和人強化本部長(57)が教え子で五輪4連覇した伊調馨選手(33)=ALSOK=にパワーハラスメントを繰り返したとして告発された問題で、日本協会は6日、東京都内で緊急理事会後に記者会見し、栄氏による伊調選手へのパワハラ行為を認め、謝罪した。栄氏は同日付で強化本部長を引責辞任。強化トップ辞任の波紋は大きく、閉鎖的な組織の体質が問われるとともに、東京五輪に向けた強化体制の大幅な見直しを迫られることになった。【松本晃、倉沢仁志、円谷美晶】

 この日の緊急理事会で日本協会は、調査を委託した第三者の弁護士3人が一部のパワハラを認定した報告書の内容を受け入れた。弁護士は伊調選手や栄氏ら19人から聞き取りし、告発状以外の内容も含め、2008年8月から18年3月の約10年間について調査した。報告書では、栄氏が拠点を至学館大から東京に移した伊調選手に対して日本代表合宿で「よく俺の前でレスリングできるな」とした発言や、伊調選手が師事した日体大コーチの田南部力氏(42)に、指導しないように指示した行為など4件について、明確なパワハラ行為と認定した。

 一方、栄氏ら協会幹部が16年リオデジャネイロ五輪の直前に、伊調選手が練習拠点にしていた警視庁への出入りを禁止した点については、パワハラ行為と認めなかった。

 日本協会は週刊誌報道で告発が表面化した3月1日以降、栄氏とともに一貫してパワハラ行為を否定していたが一転して認める事態となり、福田富昭会長は「深くおわび申し上げたい」と謝罪。そのうえで、「相当古くからパワハラが存在していた。改めて今後しっかりした対策をたてていかないといけないと認識した」と話した。

 今後、日本協会は指導法や選手選考についても改善する。指導者の強いリーダーシップを前面に出した強化体制も改革を迫られ、倫理研修などを通して再発防止に努める。馳浩副会長によると、伊調選手は練習再開の意思を示している。

 告発状を受理した内閣府公益認定等委員会も調査を継続しており、日本協会は内閣府の調査結果を受け、栄氏の処分を検討する。

 友添秀則・早稲田大教授(スポーツ倫理学) 指導者が王様のように選手たちに命令するやり方はもう通用しない。会長ら協会幹部は栄氏の任命責任を免れない。今後は独裁者を生まないよう、公明性、透明性を担保できる組織を作っていかなければならない。

 伊調馨選手 まだ内閣府の調査が続いているので、調査結果を待ちたいと思います。日本レスリング協会がアスリートファースト(選手第一)の確立に尽力されることを信じており、私も協力して参ります。

伊調選手へのパワハラを巡る告発騒動の経過

<2018年>

1月下旬  レスリング関係者が、内閣府の公益認定等委員会に告発状を提出

3月 1日 告発内容を週刊誌が報道し、騒動が表面化。日本レスリング協会はパワハラを否定する見解を公表

   6日 協会が倫理委員会を開催

   7日 栄氏が報道により「心身衰弱」であると至学館大が発表

   8日 協会が第三者の弁護士3人に調査委託を決定

  12日 告発状を受理した内閣府も聞き取り調査開始

  13日 伊調選手が内閣府の聞き取り調査に応じる

  14日 伊調選手がコメント。「自分の認識している事実をご説明いたしました」

  15日 至学館大の谷岡郁子学長が記者会見。栄氏が訴訟を検討していることを明かす

4月 5日 第三者の弁護士が報告書をまとめ、協会幹部らに説明

   6日 報告書を公表。協会が栄氏のパワハラを一部認めて、謝罪。栄氏は強化本部長を辞任

パワーハラスメントと認定した事実

・2010年2月の合宿で、栄氏が伊調選手をコ

 ーチ部屋に呼び、「よく俺の前でレスリン

 グできるな」と発言

・10年のアジア大会の代表選考で、二つの選

 考会で優勝した伊調選手が選ばれなかった

・10年9月の世界選手権で、ホテルロビーで

 栄氏が田南部氏に「伊調の指導をするな」

 と発言

・15年2月の合宿中、協会の指示で京都へ指

 導に行った田南部氏に対し、栄氏が外出を

 叱責し、「目障りだ。出て行け」と罵倒

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. KDDI 3Gサービス 22年3月末終了 携帯大手で初
  2. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう
  3. 上戸彩 娘とTikTokにハマり中 動画撮影にも挑戦
  4. フィギュアGP 羽生SP首位、世界最高得点で ロシア杯
  5. 質問なるほドリ 5Gどんな通信? 動画も超高速ダウンロード 自動運転支える=回答・森有正

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです