メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
レスリング

協会、伊調選手へのパワハラ謝罪 栄氏が辞任

記者会見で謝罪する日本レスリング協会の福田富昭会長(右端)ら=東京都渋谷区で2018年4月6日午後7時49分、藤井達也撮影

緊急理事会で、第三者の「認定」報告書に従う考え明らかに

 日本レスリング協会の栄和人強化本部長(57)が教え子で五輪4連覇した伊調馨選手(33)=ALSOK=にパワーハラスメントを繰り返したとして告発された問題で、日本協会は6日、東京都内で緊急理事会後に記者会見し、栄氏による伊調選手へのパワハラ行為を認め、謝罪した。栄氏は同日付で強化本部長を引責辞任。強化トップ辞任の波紋は大きく、閉鎖的な組織の体質が問われるとともに、東京五輪に向けた強化体制の大幅な見直しを迫られることになった。【松本晃、倉沢仁志、円谷美晶】

 この日の緊急理事会で日本協会は、調査を委託した第三者の弁護士3人が一部のパワハラを認定した報告書の…

この記事は有料記事です。

残り1418文字(全文1724文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「痴漢防止ハンコ」販売 抑止狙い、シヤチハタが開発

  2. ヒグマ駆除に道外中心批判200件 札幌市対応に苦慮

  3. 「異議あり」が届く国会に

  4. 立花N国党首「3年後、参院議員やめ参院選出馬」 埼玉知事選敗北で

  5. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです