メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

レスリング

伊調選手へのパワハラ報告書の概要

レスリングの伊調馨選手=喜屋武真之介撮影

 日本レスリング協会は6日、調査を委託した第三者の弁護士3人による報告書を公表した。概要は次の通り。

 <パワハラと認定した事実>

 ▽2010年2月の合宿で、女子強化委員長だった栄氏は東京へ練習拠点を移した伊調選手を部屋に呼び、「よく俺の前でレスリングできるな」と言った。弟子が離れていったことに対する逆恨みにも似た心情としか解釈できない。

 ▽伊調選手は、10年アジア大会(中国・広州)の選考基準を満たしたが、別の選手が代表になった。協会は伊調選手に十分な説明も行っておらず、伊調選手も納得していない。選考過程が不明確で、伊調選手を選考から排斥する行為と解釈すべきだ。

この記事は有料記事です。

残り791文字(全文1074文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東日本大震災 大阪と被災地、続く交流 学校や伝承施設訪問 堺工科高定時制生徒ら /岩手

  2. 一緒に飲み明かした女性に「家に送って」と誘われ…男性を陥れた巧妙手口とは

  3. 社会から「消された存在」だった 18年軟禁された女性、自立探る今

  4. 学術会議任命拒否 「100%デマですやん」 ある日ウィキペディアに自分の名前が載ってしまったら…

  5. 「山を一つ動かしたかな」桜を見る会問題追及、田村智子参院議員に聞く

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです