将棋

師匠の杉本昌隆七段が語る藤井聡太六段 「対局棋士、勝たれすぎ」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
【第68期王将戦1次予選2回戦】感想戦で対局を振り返る藤井聡太六段(左)と杉本昌隆七段=大阪市福島区で2018年3月8日、貝塚太一撮影
【第68期王将戦1次予選2回戦】感想戦で対局を振り返る藤井聡太六段(左)と杉本昌隆七段=大阪市福島区で2018年3月8日、貝塚太一撮影

 将棋の史上最年少プロ棋士で、愛知県瀬戸市出身の藤井聡太六段(15)は、今最も注目される10代の一人だ。東海地方の学生記者は師匠の杉本昌隆七段にインタビューし、藤井六段の強さの理由や「プロ」の生き方を聞いた。

東海キャンパるの学生記者がインタビュー

 学生記者 3月8日にあった師弟対決の感想と、メディアから非常に注目された感想を教えてください。

 杉本七段 非常に多くのメディアで報道していただきまして、注目される勝負というのはやはり私たちにとってやりがい、指しがいがあるものですから棋士冥利に尽きる対局でした。そして、藤井六段という自分の弟子が成長してくれて、公式戦で対局できるというのも感慨深いものがありました。同時に自分は現役の棋士。勝負にこだわりますから、悔しさしかないですね。でも、弟子だから悔しいのではなくて、誰が相手でも全力で指すの…

この記事は有料記事です。

残り3921文字(全文4292文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集