メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

マスターズ

[速報]松山18位タイ、小平23位タイで決勝ラウンドへ(PGA Tour)

情報提供:PGA Tour

マスターズ 2日目

松山英樹が1アンダー71(パー72)でプレーし、通算イーブンパー18位タイで決勝ラウンド進出を決めた Photo by Patrick Smith/Getty Images

PGAツアー第23戦 マスターズ/ジョージア州 オーガスタ・ナショナルGC

 オーガスタ(ジョージア州)で開催されている今季メジャー第1戦のマスターズ。日本人選手は松山英樹、小平智、池田勇太、宮里優作の4人が出場している。

 松山は通算イーブンパー18位タイ、小平は通算1オーバー23位タイで決勝ラウンドに進出した。池田は通算9オーバー、宮里は通算10オーバーで予選落ちを喫した。

MORE:マスターズの最新スコアはここをクリック!

 松山は1オーバー29位タイで2日目を迎えた。3番パー4でバーディを先行させたが、4番パー3をボギーとした。しかし、8番パー5でバーディを取り返し、前半を1アンダーで折り返した。

 後半に入ると、11番パー4でボギーを叩いたが、13番パー5と15番パー5でバーディを奪った。18番パー4をボギーとしたが、この日のスコアは4バーディ、3ボギーの1アンダー71(パー72)。通算イーブンパー18位タイで決勝ラウンド進出を決めた。

 小平は1アンダー16位タイで2日目を迎え、4バーディ、6ボギーの2オーバー74でプレー。通算1オーバー23位タイで予選通過を果たした。

 池田は4オーバー62位タイで2日目を迎え、4バーディ、6ボギー、1トリプルボギーの5オーバー77でプレー。通算9オーバーで予選落ちだった。

 宮里は5オーバー73位タイで2日目を迎え、1バーディ、6ボギーの5オーバー77でプレー。通算10オーバーで予選落ちだった。

パトリック・リードが6アンダー66をマークし、通算9アンダー単独首位に浮上した Photo by Patrick Smith/Getty Images

 2日目終了時点で首位に立ったのはパトリック・リード(米国)。3アンダー4位タイで2日目を迎え、9バーディ、3ボギーの6アンダー66でプレー。通算9アンダー単独首位に浮上した。

 首位と2打差の通算7アンダー2位に、マーク・リーシュマン(豪州)がつけている。リーシュマンは2アンダー11位タイで2日目を迎え、5アンダー67でプレーした。

 首位と4打差の通算5アンダー3位に、ヘンリック・ステンソン(スウェーデン)が続いている。ステンソンは3アンダー4位タイで2日目を迎え、2アンダー70だった。

 初日首位発進のジョーダン・スピース(米国)は2オーバー74とスコアを落とし、通算4アンダー4位タイ。同じく4位タイにロリー・マキロイ(北アイルランド)が並んでいる。

 前年覇者のセルヒオ・ガルシア(スペイン)は9オーバー85位タイで2日目を迎え、2バーディ、6ボギー、1ダブルボギーの6オーバー78でプレー。通算15オーバーで予選落ちとなった。

 世界ランキング1位のダスティン・ジョンソン(米国)は1オーバー29位タイで2日目を迎え、1イーグル、3バーディ、1ボギーの4アンダー68でプレー。通算3アンダー6位タイに浮上した。

 3年ぶりのマスターズ出場となったタイガー・ウッズ(米国)は1オーバー29位タイで2日目を迎え、2バーディ、3ボギー、1ダブルボギーの3オーバー75でプレー。通算4オーバー40位タイで決勝ラウンドに進出した。


情報提供:PGA Tour

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 紀平SP6位 首位はコストルナヤ、世界最高得点 GPファイナル女子

  2. 沢尻エリカ被告がコメント「立ち直ることを約束」「心の底から後悔」

  3. インタビュー・最前線 ブロードリンク 榊彰一社長 中古PCで環境貢献 回収から卸売りまで

  4. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

  5. 日本政府、中村医師の襲撃情報を事前に把握 本人も警戒

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです