メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

民進党道連

定期大会 旧民進、再結集図る 知事選、与野党連携も /北海道

 民進党道連は7日、札幌市で定期大会を開いた。所属道議や市議らが相次いで立憲民主党に移籍する中、徳永エリ代表は「安倍(政権)一強体制を変えていくチャンスを逃すわけにはいかない。同じ思いの仲間が今こそ集まるタイミングだ」と語り、旧民進党勢力の再結集を目指す考えを示した。

 大会では次の衆院選までの間、昨年の衆院選で立憲と希望の党から立候補した元民進議員・候補者やその地域活動の支援ができるように規則が変更された。新幹事長には平賀貴幸・網走市議が選任された…

この記事は有料記事です。

残り340文字(全文566文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 河井案里氏を立件へ 夫の克行前法相と選挙で買収・共謀容疑 検察当局

  2. 猛毒「フッ化水素酸」か、こぼれ異臭 東京・秋葉原の路上、けが人なし

  3. 愛知知事リコール運動 大阪・松井市長、賛同の吉村知事に苦言「県民が判断」

  4. 検察は黒川氏以外にも賭けマージャンをした者がいるか徹底的に調査せよ

  5. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです