メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

夢中!熱中!いきいきライフ

表現手法は千差万別 木彫講座「つくるうむ造形教室」=江南 /愛知

 彫刻家の石川裕さん(69)=扶桑町=が、江南市内の廃工場を利用したアトリエで開く木彫講座「つくるうむ造形教室」。70代の受講生ら二十数人が木づちとノミで木彫に打ち込む。それぞれが持ち味を生かして楽しむのがモットーで、作品は個性があふれる。

 初心者は顔や花、動物などを平板に浮き彫りするレリーフの制作から始める。熟練すると丸太や角材で立体彫刻に挑戦する。チェーンソーやノコギリで粗削りした後、ノミと木づちで彫り進める。材料はホオ、クス、ケヤキ、ヒノキなど。神社や寺、古民家を回って間伐材や廃材を分けてもらう。

 年1回、作品発表会を開く。犬山市立図書館で開いた今年の発表会では個性豊かな作品が並んだ。木彫歴7年…

この記事は有料記事です。

残り340文字(全文644文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 精神疾患 55年間入院女性「退院してもおるところない」
  2. 統合失調症 実は「痩せ」と相関 藤田保健大が遺伝子解析
  3. ジャカルタ・アジア大会 「代表の自覚なかった」 バスケ4選手、買春謝罪 裁定委設置、処分へ
  4. 特集ワイド “目立つ”大人の「発達障害」 「不寛容な社会」で表面化
  5. アジア大会 バスケ4選手が買春か JOC処分、帰国の途

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです