伊賀上野NINJAフェスタ

ダンスで開幕、熱気 屋根ふき替え中、忍者屋敷で回向も /三重

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
フェスタの始まりを告げるダンスを披露する子どもたち=三重県伊賀市上野丸之内で、大西康裕撮影
フェスタの始まりを告げるダンスを披露する子どもたち=三重県伊賀市上野丸之内で、大西康裕撮影

 伊賀市の「伊賀上野NINJAフェスタ」が7日、始まった。伊賀上野城(上野丸之内)の本丸広場で子どもたちが開幕を告げるダンスを披露し、熱気が肌寒さを吹き飛ばした。フェスタ初日恒例の「忍者供養回向」も屋根のかやのふき替えが進む忍者屋敷(伊賀流忍者博物館、上野丸之内)であった。ふき替えはゴールデンウイークまでに完了予定。フェスタは5月6日まで。【大西康裕】

 本丸広場には午前中だけで市内の保育園(所)、幼稚園の年長組の約350人が集合。昨年「忍者市」を宣言した岡本栄市長は「皆さんは忍者市の子ども」と語り、園児らは「忍者ジャーズダンス」などを踊った。

この記事は有料記事です。

残り362文字(全文636文字)

あわせて読みたい

注目の特集