メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

春・私の一歩

/2 和歌山大から社会人野球へ 真鍋雄己さん 新天地でも「やり抜く」 /和歌山

リーグ戦に快勝し、貴志弘顕投手(左)を祝福する真鍋雄己さん=和歌山市の県営紀三井寺球場で2017年4月、矢倉健次撮影

真鍋雄己(ゆうき)さん(22)

 「大好きな野球をやれるところまで、やろう」

 3月に卒業した和歌山大で硬式野球部主将を務めた真鍋雄己さん(22)は、この春から社会人野球のクラブチーム強豪、大和高田クラブ(奈良)で捕手5人の5番手として再スタートを切った。和大野球部出身者が社会人トップレベルのチームに加入するのは初めてのことだ。

 身長164センチと小柄ながら、好リードと、勝負強い打撃を買われて3年の時に主将となり、2年間務めた…

この記事は有料記事です。

残り470文字(全文683文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 猛毒魚、購入者が届け出「食べたが、元気だ」
  2. 危険生物 徳島の磯で猛毒ダコ捕獲 注意呼びかけ
  3. 「自分に感情が無ければ…」父殺害の元少年、面前DVを告白
  4. ソウシハギ 猛毒の魚、販売した可能性 三重・大台の食品店
  5. バラハタ 他にもいる危険な魚 「珍しい」で食べないで

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです