メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

将来推計人口

県、2045年37万人減 高齢化率も中国5県で最高 大卒の県外就職増に一因 /山口

 国立社会保障・人口問題研究所が公表した「日本の地域別将来推計人口」によると、2045年の県人口は103万5661人となり、15年から30年間で約37万人減少すると推計された。高齢化率も同期間で7・6ポイント増の39・7%に上るなど、人口減少と高齢化が中国地方5県で最も進む結果となった。【松田栄二郎】

 15年の国勢調査を基に算出された推計を市町別でみると、45年の人口減少率が最も大きいのは上関町で67・4%。人口は3桁台の913人となり、15年(2803人)を100とした場合の指数は32・6まで落ち込む。減少の割合は中国地方最大だ。高齢化率も15年比6・7ポイント増の60・4%に達し、県内で最も高くなる。阿武町、周防大島町、長門市なども減少割合が大きく、山口、下関両市でも人口はそれぞれ1~3割…

この記事は有料記事です。

残り1031文字(全文1382文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ラグビー元日本代表、湯原祐希さん死去 36歳 トレーニング中倒れ

  2. 岸田氏、古賀氏と決別決意? 派閥パーティー招待せず 総裁選対応に不満

  3. 「サカキバラとは違う。必要に迫られて」 座間事件9人殺害・白石被告一問一答(その1)

  4. 暴走のトランプ氏か言葉に窮するバイデン氏か 「史上最悪」醜態のテレビ討論会

  5. 新型コロナ 市町村別感染者数 /千葉

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです