原画展

広島カープ「新井貴浩物語」挿絵の切り絵 最終の22日、作者・吉田さん講演会 岩国市中央図書館 /山口

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 プロ野球広島カープの新井貴浩選手と小学校の恩師との交流を描いた児童向けノンフィクション「新井貴浩物語」から挿絵の切り絵を紹介する原画展が岩国市南岩国町の市中央図書館で開かれている。22日まで。

 「新井貴浩物語」は新井選手が2000安打を達成し広島が25年ぶりにリーグ優勝した2016年末に広島市の南々社が出版。児童読み物作家の中野慶さん作で、切り絵作家の吉田路子さんが挿絵を担当した。新井選手が広島市の小学3年生の時の担任教諭、佛圓弘修(ぶつえんひろのぶ)さんとの交流を通…

この記事は有料記事です。

残り356文字(全文593文字)

あわせて読みたい

ニュース特集