メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

四国こんぴら歌舞伎大芝居

開幕 芝翫さんら、襲名口上 /香川

鞘當で共演する中村芝翫さん(中央)と橋之助さん(右)=香川県琴平町の金丸座で、山中尚登撮影

 四国路に春の訪れを告げる「第34回四国こんぴら歌舞伎大芝居」が7日、琴平町の芝居小屋、旧金毘羅大芝居(金丸座)で開幕した。初日の公演は、700席がファンでほぼ埋まる大盛況だった。公演は22日まで。

 今回は中村橋之助改め、八代目中村芝翫(しかん)、長男の中村国生改め、四代目中村橋之助、次男の中村宗生改め、三代目中村福之助さんらの襲名披露を兼ねている。

 2部構成で、午前の第1部は「江島生島」、「鞘當(さやあて)」、「魚屋宗五郎」。午後の第2部は「義経…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トランプ氏大相撲観戦 手をたたく姿皆無、腕を組む場面も 観客「何を考えたのだろう」という声も
  2. トランプ氏相撲観戦 升席で「特別扱い」
  3. 東京駅八重洲口歩道にタクシー乗り上げ 1人軽傷
  4. 徴用工問題 財団での救済案浮上も文在寅政権は消極姿勢崩さず
  5. 米大統領杯は137センチ、30キロ トランプ氏から朝乃山へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです