メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ストーリー

震災前、行方不明になった18歳(その1) 「溺死」のち「不詳」

娘の沙也香さんの墓を訪れ、手を合わせる母親=福島県南相馬市で2018年2月、竹内紀臣撮影

 東日本大震災から1カ月余りが過ぎた2011年4月18日。福島県南相馬市小高区の海岸近くにある沼地のそばで、身元不明の若い女性の遺体が見つかった。検視に回され、目立った外傷もないことから、震災による津波の犠牲者と判断された。その日のうちに、死因「溺死」、死亡推定時刻「3月11日午後4時ごろ」とする死体検案書が作成され、遺体は翌日、荼毘(だび)に付された。

 5月、事態は急転する。身元不明遺体の服装などを掲載するホームページを見た同市の会社員、清水義勝さん…

この記事は有料記事です。

残り520文字(全文748文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. LGBT 「生産性なし」自民・杉田議員の寄稿が炎上
  2. 訃報 松本龍さん67歳=元民主党衆院議員、元復興担当相
  3. アクセス 復興相、軽くない? 今村氏「自主避難は自己責任」 暴言・放言・スキャンダル 「入閣調整ポスト」指摘も
  4. 皇室 眞子さま、ブラジルで日系人と交流
  5. バーバリー 売れ残り42億円分を焼却処分

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]