メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社告

今週のおすすめ紙面 縮む日本の先に 地方はいま/「史上最大の石垣修復」舞台裏/黒田日銀「試練の再始動」

[PR]

縮む日本の先に 地方はいま 10日・火曜日から 社会面

 都市部への人口流入の陰で、地方は深刻な過疎化と人口減に直面しています。財政赤字に苦しむ国の支援には限界があり、人口減にあらがおうとすれば、自治体は相当な予算やエネルギーを投入しなければなりません。縮小に歯止めがかからない地方の未来は、どこに向かうのか--。自治体や住民の思いを交えながら、最前線で今、何が起きているかを描きます。

「史上最大の石垣修復」舞台裏 15日・日曜日 1面、ストーリー面

 2016年4月の熊本地震から2年。加藤清正が築城し、「日本三名城」の一つに数えられる熊本城で復旧工事が進んでいます。ただ、熊本市が「復興のシンボル」に位置づけ、来年秋には修復が完了予定の天守閣(大天守)に対し、大量の石材が崩落した石垣は、築城当時の美しい姿に戻るまで20年かかると言われています。「史上最大の石垣修復」の舞台裏に迫ります。

黒田日銀「試練の再始動」 10日・火曜日から 経済面

 日銀の黒田東彦総裁が9日に再任され、新たな任期がスタートします。過去5年で実現できなかった2%の物価上昇目標の達成を目指しますが、世界的な景気の息切れ予測もあり、目標実現のめどは立っていません。長引く大規模緩和の副作用が深刻化する恐れもある中、日銀の金融政策はどこへ向かうのでしょうか。「試練の再始動」(政策編)で検証します。


 掲載日や内容は変更することがあります。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 判決に涙を流した周庭氏 禁錮10月の実刑で初の収監、保釈申請も却下 香港

  2. 持続化給付金詐取の疑い 国立印刷局の職員2人を逮捕、国家公務員で初 警視庁

  3. コロナ感染半年後も98%が抗体保有 重症度高いほど防ぐ能力強く 横浜市大

  4. 家宅捜索で記録媒体握りつぶした疑い 証拠隠滅容疑で弘道会系組長逮捕 愛知県警

  5. 中国産ウナギ1200匹を国産と偽り販売 容疑で元従業員ら書類送検 大阪府警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです