メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

我らが少女A

/245 第7章 6=高村薫 田中和枝・挿画監修

 一時間後、雪子は木更津市内の君津中央病院にいる。看護師にとっては県随一の三次救急病院の威容は、さまざまな傷病の程度が軽いものではないことの証でもあり、知らぬ間に眉根に皺(しわ)を寄せながら、あれこれ忙しく頭を巡らせた末に、看護学校時代の同期の友人が看護局にいることを思い出し、西病棟五階のナースステーションで本人に会う。

 あらまあ、何年ぶり? 少し痩せた? いまも桜町病院? 気の置けない旧友同士の挨拶(あいさつ)もそこ…

この記事は有料記事です。

残り780文字(全文991文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 反セクハラ 自民・長尾氏、女性議員に「縁遠い方々」
  2. 和歌山妻殺害 容疑で逮捕の夫、不倫相手との新生活望む
  3. 毎日新聞世論調査 内閣支持率30% 不支持率49%
  4. クローズアップ2018 毎日新聞世論調査 内閣支持率、続落30% 「危険水域」寸前 麻生氏処遇、難局に
  5. 東芝 「稼ぎ頭」温存探る 銀行団に「中止」容認論

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]