メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

セカンドステージ

すてきにエイジング 保湿パックで肌生き生き

(1)水道水でぬらしたコットンを両手ではさみながら軽く水気を切る

 <くらしナビ ライフスタイル Second Stage>

 「人生100年時代」が言われる中で、加齢に伴う肌の変化にどう向き合えばいいのか。いつまでも若々しい美容家で生活アドバイザーの佐伯チズさん(74)にスキンケアと化粧のポイントを教わり、シニア世代にスキンケアと化粧が必要な理由を専門家に聞いた。

 年齢を重ねると、顔のシミ、しわ、たるみといった肌の悩みが出てくる。しかし、年相応の変化はあって当たり前だ。佐伯さんは「年齢を感じるかどうかは、肌の艶によるところが大きい。肌のきれいな人は食べることにちゃんと重きを置いている」と語る。旬の食材を取り、内側からきれいになることが大事。シニア世代の美容で大切なのは、まずは健康という考え方だ。

この記事は有料記事です。

残り1627文字(全文1946文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 精神疾患 55年間入院女性「退院してもおるところない」
  2. 統合失調症 実は「痩せ」と相関 藤田保健大が遺伝子解析
  3. ジャカルタ・アジア大会 「代表の自覚なかった」 バスケ4選手、買春謝罪 裁定委設置、処分へ
  4. 特集ワイド “目立つ”大人の「発達障害」 「不寛容な社会」で表面化
  5. アジア大会 バスケ4選手が買春か JOC処分、帰国の途

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです